<< 神奈川県 公共サインのカラーバリアフリー講習・相談会のお知らせ | main | 新年のご挨拶 >>
カラーユニバーサルデザイン支援ツール普及推進プログラム 終了のお知らせ

2011年11月1日より、印刷物に関するCUDマーク取得に伴う新検証

制度を導入致しましたのでお知らせします。

この新しい制度は、従来の「予備検証+本検証」と分けてきた検証を

「検証」として一本化し、検証作業の迅速化を図ることを目的とした

改訂です。

新制度の詳しい内容につきましては事務局にお問い合せ下さい。

*製品機器の検証に関しましては従来どおり、「予備検証+検証」

 を継続して参ります。




尚、予備検証廃止に伴い「カラーユニバーサルデザイン支援ツール普

及推進プログラム」は終了させていただきます。このプログラムはカラ

ーユニバーサルデザイン支援ツール普及のために、CUDOが認定したツ

ールを用いて制作された原稿は「予備検証費用」から一定金額の減額措

置を行うものでした。

今後は減額の措置はありませんが、検証作業の迅速化のために入稿前に

あらかじめ使用されることをお勧めします。検証時に一箇所も問題がな

く一回で合格となりますと費用を安く抑えることができます。一回で合

格となる為にはカラーユニバーサルデザイン支援ツールの使用が極めて

有効な手段となります。

*製品機器の検証に関しましても「カラーユニバーサルデザイン支援ツ

ール普及推進プログラム」は終了させていただきます。




「カラーユニバーサルデザイン支援ツール」とは・・・

「色覚シミュレーションツール」とも呼ばれる、色弱者の色の見分けに

くさを体験する事ができるツールで、以下のようなソフトウェア・ディ

スプレイ・光学フィルタなど多くの製品があります。


 ・アドビシステムズ株式会社 PC用アプリケーション

  「photoshop」「illustrator」CS4以降

 ・東洋インキ株式会社PC用アプリケーション「Uding」(無料)

 ・浅田一憲氏開発 携帯端末用アプリケーション「色のシミュレータ」(無料)

 ・株式会社ナナオ・NEC(日本電気株式会社)のディスプレイ

 ・伊藤光学工業株式会社の色覚模擬フィルタ「バリアントール」 他

カテゴリ:カラー ユニバーサルデザイン・色覚バリアフリー | 20:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://blog.cudo.jp/trackback/969209
トラックバック