<< 検証員(モニター)登録ご希望の方へ | main | 高知県でCUD説明会 CUDセミナー 2件 >>
アドビ社のサイトにCUDOの紹介記事が掲載されました
CUDO 色弱・色盲・色覚異常・色覚障害・色覚バリアフリーの問題を解決するために

Adobe Photoshop CS4/CS4 Extended ポータルサイトにNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の伊賀公一がインタビューを受けて掲載されました。
http://www.adobe.com/jp/joc/pscs4/showcase/vol02/

Illustrator Ver 1.0 1987年1月
photoshop Ver 1.0 1990年
http://photoshopnews.com/feature-stories/photoshop-profile-thomas-john-knoll-10/

これらの製品が発売された当初からのユーザで、アドビファンでもある伊賀がCUDについて語ります。

アドビ社とCUDOによる
カラーユニバーサルデザインとその実際例のページもあります。
http://www.adobe.com/jp/joc/pscs4/showcase/vol02/tips/

ちょっと気になるのが2ページ目の下の方にさりげなく書かれた

●「Adobe Kulerを使ってCUD配色」
Adobe Kulerはオンラインでカラーテーマを作成・共有する、カラーテーマ コミュニティです。Photoshop CS4/CS4 Extendedには、そのAdobe Kulerに直接アクセスできるKulerパネルが用意されています。ウィンドウを変更することなく、Adobe Kulerを操作することができるので、作業の効率化が見込めます。Kulerパネルは「ウィンドウ」>「エクステンション」>「kuler」で表示されます。

「Kulerパネルで作成したカラーテーマは、スウォッチに登録することができます。カラーユニバーサルデザインに配慮した配色をスウォッチに保存しておけば、配色を考える時間を短縮できます。」という記事。

CUD技術はどんどん進化してゆきます。他にも多くの企画が進行しています。

新サイト準備中
http://www.cudo.jp/c/
カテゴリ:カラー ユニバーサルデザイン・色覚バリアフリー | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cudo.jp/trackback/871238
トラックバック