<< (株)リコー 銀座にCUDショールーム第一号オープン | main | 色覚シミュレーションツール 〜使い方〜 >>
銀行の窓口などの呼び出し機にカラーユニバーサルデザイン
四国に本社がある114銀行は印刷物にもCUD検証をしていただいておりますが、銀行窓口への配慮もしています。

カラーユニバーサルデザインの受付番号表示機の設置開始について

非カラーユニバーサルデザインの表示器
http://www.114bank.co.jp/newsrel/2008_01/bango_hyojiki.htm

カラーユニバーサルデザイン対応の表示器

世の中の番号表示器は、まだほとんどが黒(スモーク)の中から「真っ赤」な文字が出るものです。これがP型(1型)強度色覚の私にはとても苦手です。製品にもよりますが、中にはほとんど見えない物もあります。音声で呼び出された時に、声が聞き取りにくかったりしますと、確認のために表示器を見てもよく見えず、立って表示器の所まで確認しに行くとその窓口の担当者から「○○さんですか?」と聞かれ、「いえ違います」ということがしょっちゅうでした。

足立区役所の1階では、従来の表示器とこのたび更新されたCUD対応した表示器とが向かい合って付けられています。新型は本当に見分けやすいですね。100倍違うと言ってもいいでしょう。
もちろん、C型=一般色覚のひとにも見分けやすいとのことです。

ビルコン
http://www.billcon.co.jp/goods/index_eq.html


明光商会のMSボイスコール
http://www.meikoshokai.co.jp/product/voice/01.html


ほんとうに助かります。
カテゴリ:報道におけるカラー ユニバーサルデザイン機構 | 07:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
銀行の番号表示は私も気になってました。
絶対見にくいよなぁ、と。

未だに地元の銀行は見にくい表示板。直るといいなぁ、なんて思います。
| モカ | 2008/09/26 12:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cudo.jp/trackback/779648
トラックバック